一般部稽古内容(少年部は下記の内容より少しやさしくなります)

 整列
全員並んで、黙想! 礼!!
武道の基本は礼に始まり礼に終わります。
精神統一、今日も頑張りましょう。
遅れてきても各自、黙想をして稽古に入ります。
なかなか、皆さんお仕事が忙しくって時間どうりに来れない人が多いですね。
終わり間近に稽古に来る人もいますよ。  感心 感心!! 
 準備体操
まずは準備体操から。
足の指先から体全身をほぐします。
でも空手の体操はちゃっかり体を鍛える要素も入ってます!
怪我をしてはせっかくの稽古が台無しですからね。
遅れたときも忘れずに!!
 基本稽古
上級者になってもやはり基本は大切です!
でも簡単そうに見えて難しいんですよ、う~ん奥が深いなぁ。
三戦立ち(中段突き 顎打ち 上段受け 外受け 内受け 下段払い 等)
騎馬立ち(下段突き 肘打ち 等)
並行立ち(前蹴上げ 膝蹴り 金的蹴り 前蹴り 回し蹴り 横蹴り上げ 横蹴り 後ろ蹴り 等)
 移動稽古
基本の動きを中心に前屈立ち、騎馬立ちなどとあわせて行います。
連続蹴りなどもありちょっとカッコいい。
鏡に映った自分の姿に少し満足げな表情も。
腰を落として動きには体の締め、キレやスピードをつけてやりましょう。
スパッと技が決まれば気分爽快!!
 一本組手
受け手と攻め手にに分かれて、分解組手を基本の形に沿って行います。
約束組み手ですが、空手の動きを体に染み込ませます。
これをマスターすれば、動きが空手からしくなってくるので不思議です。
 
帯により習う型が違います。太極 平安 三戦 安三 最破  等
空手に先手なし、型は受けから始まります。
型は覚えるだけでなく、やりこむことで技が体に練りこみます。
 ミット稽古
ミットを使って突き蹴りの練習を行います。
より強くより速く自分の思い描いた姿に、より近づくために。
力は抜きすぎても入れすぎてもダメ!!
必要な所に適切に、力みは禁物なのです。
 技の稽古
突き蹴りの細かな技術などを学びます。護身等
技術向上、安全確実な受け技の習得を目的としています。
各種突き蹴りの要領とポイントを分かりやすく解説します。
 技の稽古
(護身)
初級レスリングを中心に、あらゆる状況での対処法など行います。(不定期)  
物騒な世の中なのでこれからはあらゆる状況を想定した稽古もしていかなくてはいけませんね。
 組手稽古
組み手って痛そう・・・
もちろん多少の痛みはありますが段階を踏んで徐々に体が強くなるので大丈夫です。
組手は自由参加です、見学もOKです。
先輩が後輩の組み手を受けてスキルを伸ばします。
 整列
姿勢を正して、礼!!
黙想
 
黙想止め 本日の稽古終わります。
押忍!!
今日の稽古お疲れ様でした。
 道場清掃
稽古が終わってほっと一息!!稽古が終わった後はみんなで掃除をします。
ほうきではいたり、雑巾をかけたりサボっている人はいませんか???
 自主稽古
稽古後に道場の仲間とミットや組み手、個人で型やサンドバックを打ったりします。
稽古と違い雑談などしながら楽しくコミュニケーションをとってください
得意な事ばかりやらず、苦手なことを目標を持って進んでやりましょう!!